結婚式の前撮りのリハーサルってどんなことをするの?

結婚式本番の段取りを丁寧に運ぶ上でリハーサルは欠かせません。
また、本番は、緊張のあまり思ったように喜びの表情をすることが難しくなります。
そのような緊張感をほぐす上でもリハーサルは非常に大切なのです。

それでも、結婚式の前撮りのリハーサルについて気にされる方も多いようです。
結婚式の前撮りのリハーサルとはどんなことをするのでしょうか?

・式場以外の衣装店やスタジオなどで衣装を着て写真を撮ることもできる。
・本番で着ない服装での写真を撮ることもできる。
という前撮りならではの特徴があります。

また、前撮りで実際に写真を撮ってもらうことで、化粧ぐあいやヘアメイクなどの気になる点があれば修正できますので、しないよりするほうがよいことに変わりはありません。
前撮りが結婚式での写真となるくらいのイメージはもっておいたほうがいいかもしれません。

結婚式本番は、忙しくて写真ものんびり撮ることは難しいです。
前撮りの際に最高の状態での記念撮影にすることが前撮り本来の目的なのです。
そのため、前撮りのリハーサルはやっておくべきです。
このときにメイクリハーサルなども同時に済ませておくと本番と同じ感覚での記念撮影が可能です。

ウェディングドレスの前撮りって必要?

ウェディングドレスを試着したらお姫様気分になってウキウキするもの。
そこで、あまりに嬉しいことからついつい前撮りしたい気分になります。
でも、費用のことを考えると少し考え物。

実際、「ウェディングドレスの前撮りって必要ですか?」とか「本番の衣装は違うものも変?」といった質問をされている方も数多くいます。

ここで、一般的に言われている「前撮り」に関する決まりを紹介します。

前撮りとは、挙式や披露宴とは違う日にお気に入りの花嫁姿での記念撮影のことを言います。
通常、結婚式より前の日に撮影することから、「前撮り」と言われています。

結婚式当日に着ない衣装での写真撮影ができたり(結婚式は洋装だが前撮りは和装も可)、スタジオだけでなく結婚式会場やビーチなど色々な屋外で撮影ができるという点から人気爆発中なのです。
結婚式気分を味わいたい方や綺麗な姿で歩きたいという方は、おすすめのプランの一つです。

前撮りは料金プランも幅広く提供されており、安ければ5千円程度で済むものもあれば、30万以上するものもあります。
桜・梅などの季節がいい時期には、ぜひ前撮りで一生の記念を残しておくことをおすすめします。

さらに言えば、結婚式当日や披露宴は疲れたり忙しかったりして、きまった写真を撮るのが難しいものです。
必ずしも行う必要はありませんが、花嫁さんの一生の思い出にする効果は十分あります。

予算的に無理がなければ、前撮りは非常におすすめです。

結婚式の前撮りのメイクはどの程度してくれる?

結婚式の前撮りについての質問で、
「結婚式の前撮りのメイクはどの程度してくれる?すっぴんで良いの?」
といったものがあります。

結婚式の前撮りは、結婚式に行う前に花嫁姿で写真を撮るというもの。
せっかく衣装が華やかでも、肌やメイクがすっぴんのままだと結構目立ってしまいます。
顔の肌色のトーンやデコボコ感などの違いが一目瞭然。
男性の場合はひげの跡もくっきり違ってきます。

特にロケーション撮影の場合一生に一度の思い出の写真になります。
ですから、肌もメイクも綺麗にしていくことで、最高の花嫁・花婿姿での写真を撮ることをおすすめします。

では、メイクはどの程度するかということになります。
これは、専門のメイクさんに任せるのが失敗しないというもの。
ただ、メイクさんも自分の好みのようにする傾向があります。

自分が普段ナチュラルなのに、濃い目にさせられてしまうことも多々。
自分の普段のメイクの度合いをしっかり伝えておくと失敗しない場合が多いです。
ただ、衣装にもよりますが多少濃い目の方が衣装負けしない場合が多いようです。
それでも、若いのに濃すぎる場合だと年増の印象も与えかねません。

スタジオでライトを使って撮影する場合、光でとばないように輪郭や発色を意識した、はっきりくっきりしたメイクがベスト。
事前のメイクリハーサルや式場での距離感などを考慮して、メイクさんと自分が納得した形メイクをするようにしてください。

結婚式の前撮りのポーズについて

結婚式の前撮りでいざ写真を撮るとなるとどんなポーズで撮ったらよいか困りますよね。
ここでは、人気のあるポーズを紹介します。

・身支度 (花嫁の準備過程の写真)
・パートナーと手をつなぐ 
・草原で横たわって
・パートナーとハートマークを作って
・パートナーが花嫁の手をひっぱって走っていく瞬間
・お姫様抱っこ
・パートナーと抱擁
・ビーチでブーケトス
・車の上で二人がキス
・おでこにキス
・新郎が片膝ついて花嫁がプロポーズを受けているシーン
などです。

一生に一度の写真にもなるので、ポーズと共に色々なシチュエーションも予め考えておくことをおすすめします。
浜辺や草原、逆光など色々な状況を思い浮かべた上で、両者が納得行く形でのシチュエーションを前もって決めておいてください。
これだけは、プランナーさんのアイディアに任せるのでなく、二人で決めるようにしておいてくださいね。

こだわりの小道具を持参したりするのもいいですし、結婚指輪・婚約指輪は見えるようにしておくのもいいです。
メイクやヘアメイクは女性の方は特に念入りにしておくことをおすすめします。

ウェディングドレスの前撮りのインナーについて

ウェディングドレスの前撮りのインナーについて悩む方は多いようです。
そこで、一般的に前撮りをされた方の体験談を紹介します。

「自分の体に合ったインナーを着ると、体のラインももちろんキレイに見えるだけでなくなんといっても気持ちが引き締まります。資金的に余裕があれば、オーダーされる事をおすすめします。」

「写真が終わればそう身につける機会のない下着なので、金銭的な事が気がかりであればニッパーでも十分です。」

「絶対にドレスインナーは購入してください!ドレスを着たときのラインが全く違います。カップの補正力も普通の下着とは比べ物になりませんので、普通の下着を着けてしまってはせっかくのドレスを全然キレイに着こなせませんよ。」

「私は和装だったのでウェディングドレスは前撮り写真のみでした。高価なウエディングインナーを買うのはもったいなかったので、ワコールなどの下着コーナーがありますよね?そこのウエディングインナーコーナーで買いました。ブラ付き補正下着が7000円くらいでショーツ(下着のブルマみたいな形)が3000円くらいでした。ちゃんとバストを図ってもらい、専門店の店員さんに相談しながら選んだので試着して肌に違和感がないかどうかもチェックできたのでよかったです。」

といったものです。

一般的に、ブライダルインナーというものは、体を引き締めてボディラインを美しくさせる効果があります。
そのため、付けていることでより綺麗な衣装姿を映すことができます。

前撮りの場合は、写真を撮ることが目的なので、結婚式当日も装着するものならば購入するのも効果的。
しかし、結婚式は違う衣装で着るなどの場合は、無理して購入しなくてもニッパーや補強器具などでも対応できます。

写真を撮る瞬間だけですので・・・・。
それでも、付けていることで安心感はぜんぜん違ってきます。

本人の意思で決めるのが一番です。
どうしてもお悩みであれば、前撮りする場所の店員さんなどに聞いてみるといいかもしれません。

ネットショッピングの場合は確かにお安いですが、身体に装着するもののため、機能性・衛生面といった点でも不安があります。
できるだけ、自分で見て触ったものを購入したいものです。

結婚式の前撮りに向けてニキビがある場合はどうすれば良い?

結婚式の前撮りの際、ニキビがある方はシェービングするかどうか悩むところです。
実際、結婚式の前撮りに向けて、ニキビがある場合はどうすれば良いのでしょうか?

まず、専門の方にシェービングをお願いすることが一番です。
プロの方は、ニキビのある箇所に負担をかけないように剃ってくれます。

またドレスによっては、遭えてニキビを無理してシェービングしないという手もアリです。
前撮りの場合でしたら、ニキビが目立たない衣装を着るようにしたりなどの対応も可能です。
結婚式と違う衣装で写真を撮られる方も少なくありませんから。
それでも、一度相談されてみることをおすすめします。

くっきり見えてしまう衣装の場合は、やはりシェービングをおすすめします。
あと出来れば、前撮りと結婚式本番の期日を大きく開けておくことをおすすめします。

期日が狭いと、シェービングで前撮りはしっかり出来たけど、本番間近になって肌荒れが生じる場合もあります。
ひどい場合でしたら、期間にゆとりをもって皮膚科などに通うことも効果的です。

とにかくゆとりをもって、シェービングしたり治癒するなどの対応が必要。
あせってしまうと、精神的にも落ち着かず肌にもよくありませんからね。

結婚式の前撮りのシェービングについて

結婚式の前撮りのシェービングは、慎重に慎重を重ねないと肌を傷つける心配があります。
そして、シェービングの時期を間違えたら、肌荒れ状態のまま写真を撮るなんてことも。

では、結婚式の前撮りのシェービングについて、失敗しないためにはいつやれば良いのでしょうか?

まず、前撮りの前に1回お試しでシェービングすることをおすすめします。
普通の肌の方でも、3日後くらいから肌荒れなどを起こす場合が多々です。
テストシェービングをした後だと、担当者も肌荒れに関してある程度知った上でシェービングできますからね。

とにかく、シェービング後のベストな状態の肌がどのくらいの時期かを本人と担当者が把握することが大切です。
前撮りの数ヶ月前に一度、素肌の状態でシェービング体験をしておくことをおすすめします。
これは人によって違うので、一概には言えませんので、体感しておくことが大切です。
くれぐれも、口コミ・体験談を鵜呑みにしないようにしてください。

シェービング後の肌のお手入れも大切です。
シェービング後にはどのような対応をしておけばいいかを、担当者に聞いて守って生活を送ることも、肌荒れ予防に効果的。
特に背中部分はお手入れが行き届かない箇所なので、肌荒れしやすい箇所と言われています。
しっかりお手入れ対策を聞いて実践するようにしてください。

シェービングは産毛を剃ることによって、露出部分を綺麗にみせ、花嫁姿をより一層輝かせるもの。
ぜひ、シェービングで失敗しないようにしてください。