結婚式の前撮りのメイクはどの程度してくれる?

結婚式の前撮りについての質問で、
「結婚式の前撮りのメイクはどの程度してくれる?すっぴんで良いの?」
といったものがあります。

結婚式の前撮りは、結婚式に行う前に花嫁姿で写真を撮るというもの。
せっかく衣装が華やかでも、肌やメイクがすっぴんのままだと結構目立ってしまいます。
顔の肌色のトーンやデコボコ感などの違いが一目瞭然。
男性の場合はひげの跡もくっきり違ってきます。

特にロケーション撮影の場合一生に一度の思い出の写真になります。
ですから、肌もメイクも綺麗にしていくことで、最高の花嫁・花婿姿での写真を撮ることをおすすめします。

では、メイクはどの程度するかということになります。
これは、専門のメイクさんに任せるのが失敗しないというもの。
ただ、メイクさんも自分の好みのようにする傾向があります。

自分が普段ナチュラルなのに、濃い目にさせられてしまうことも多々。
自分の普段のメイクの度合いをしっかり伝えておくと失敗しない場合が多いです。
ただ、衣装にもよりますが多少濃い目の方が衣装負けしない場合が多いようです。
それでも、若いのに濃すぎる場合だと年増の印象も与えかねません。

スタジオでライトを使って撮影する場合、光でとばないように輪郭や発色を意識した、はっきりくっきりしたメイクがベスト。
事前のメイクリハーサルや式場での距離感などを考慮して、メイクさんと自分が納得した形メイクをするようにしてください。