ウェディングドレスの前撮りって必要?

ウェディングドレスを試着したらお姫様気分になってウキウキするもの。
そこで、あまりに嬉しいことからついつい前撮りしたい気分になります。
でも、費用のことを考えると少し考え物。

実際、「ウェディングドレスの前撮りって必要ですか?」とか「本番の衣装は違うものも変?」といった質問をされている方も数多くいます。

ここで、一般的に言われている「前撮り」に関する決まりを紹介します。

前撮りとは、挙式や披露宴とは違う日にお気に入りの花嫁姿での記念撮影のことを言います。
通常、結婚式より前の日に撮影することから、「前撮り」と言われています。

結婚式当日に着ない衣装での写真撮影ができたり(結婚式は洋装だが前撮りは和装も可)、スタジオだけでなく結婚式会場やビーチなど色々な屋外で撮影ができるという点から人気爆発中なのです。
結婚式気分を味わいたい方や綺麗な姿で歩きたいという方は、おすすめのプランの一つです。

前撮りは料金プランも幅広く提供されており、安ければ5千円程度で済むものもあれば、30万以上するものもあります。
桜・梅などの季節がいい時期には、ぜひ前撮りで一生の記念を残しておくことをおすすめします。

さらに言えば、結婚式当日や披露宴は疲れたり忙しかったりして、きまった写真を撮るのが難しいものです。
必ずしも行う必要はありませんが、花嫁さんの一生の思い出にする効果は十分あります。

予算的に無理がなければ、前撮りは非常におすすめです。